×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カロリーダイエットの食事法

スポンサード リンク

カロリーダイエットとは

摂取カロリーを減らすことでダイエット効果を期待するというダイエット方法が盛んです。

ローカロリーメニューのレストランなども作られ、利用者も多いようです。

カロリーを減らすことでダイエットをすることが、基本的な知識のようになっています。

しかし、カロリーの少ない食事をとり続けている場合でも、脂肪が減る人と逆に増加していまう人とがいるようです。

ダイエットができないだけでなく、体の具合を悪くしてしまうこともあるといいます。

カロリー制限によるダイエット方法の成否の分かれ目は、脳の働きにかかっています。

脳にはスイッチがあり、これがダイエットに効果を及ぼします。

毎日しっかり食べても痩せられるという、低カロリーダイエットの成功のコツが見えてくるのです。

低カロリーの運命を分ける脳のスイッチがオンになると、体脂肪が燃やされずに蓄えられてしまい、隠れ肥満になります。

食事制限などで摂取カロリーを減らすと、寝起きが悪くなったり体温が下がるなどして倦怠感が増したりしますが、これは脳の指令に基づいています。

食事からのカロリーを減らしても使うカロリーが以前のままであれば、差分を体脂肪を燃やすことで補いダイエットに生かすことができます。

スイッチがオフになることが、ダイエットに成功する人の秘訣です。

消費カロリーを節約しない体を維持しながら、カロリーを減らした食生活にすることが、低カロリーダイエットを成功させるポイントです。

カロリーダイエットの食事法

カロリーダイエットは、1食およそ400キロカロリー、1日1500キロカロリー以下に抑えるのがポイントです。

かさのある食事でも、カロリーを抑えることができていれば脂肪の消費はできます。

ダイエットのために低カロリー食を摂取するなら、たんぱく質、脂質、糖質の量にそれぞれ気をつけましょう。

特に重視したい成分は糖質で、60%は糖質にして脳に動力源を送り込むようにしてください。

脳に、カロリー量を控えていることを気づかせないためには、脳へのエネルギー供給は潤沢にしておくことです。

食事後に血糖値が急に上がらないようにするには、低カロリーの食材でかつ消化に時間がかかり食物繊維が豊富なものを意識して摂取しましょう。

体がエネルギー消費を節約モードにしてしまわないようにしましょう。

健康とダイエットを両立させるためのぎりぎりのラインが、一食400kcalというカロリー量といえます。

一般的に年齢が若く体格が大きい方や日頃の運動量が多い方は、消費エネルギーが多いでしょう。

カロリー摂取量はいくぶん増やしてもダイエットはできますので、様子を見ながらカロリー量を加減してください。

体に負担をかけずに痩せるには、1カ月に1kgペースでの体重ダウンがいいでしょう。

炭水化物の摂取量を減らしてみるなどして微調整をしてください。

ダイエットに良く、健康にも障りが出ないカロリー摂取をすることが、低カロリーダイエットの重要点です。

低カロリーダイエットでは、まずは汁ものを摂取してから主菜を半分ほど摂取し、その後ご飯を食べるという順序がいいでしょう。

この食べ方だと糖分がゆっくりと体に回っていきますので、カロリーダイエットをしながら満腹できます。

カロリーダイエットのメニューについて

体に必要な成分を確保しながら摂取カロリーを減らして上手にダイエットをしたいものです。

まず低カロリーで高タンパクの食材を意識して摂取しましょう。

チーズ1枚か卵1つ、豆腐1/4丁、脂質の少ない魚一切れなどから2種をチョイスして料理に用います。

低カロリーダイエットのポイントは芋類以外のたっぷりの野菜、きのこ、海藻を一緒に摂取することです。

また、炭水化物は糖質を多く含むからと敬遠する方もいるようですが、子供茶碗一杯分か8枚切りパン1枚、ゆで麺半玉などの炭水化物は摂取してください。

糖質を多く含む食材は、芋類か果物類かのどちらから絞ることがカロリーダイエットでは大事です。

目安としては、れんこん、ごぼう、まめ、いも、果物、卵は一度に2種以上を食べないようにします。

高カロリー食材は食べ物だけではありません。

ドレッシング、マヨネーズ、油は調味料といえど油脂が使われており、カロリーが高いので、2人で大さじ1杯の使用が目安となります。

カロリーを控えめにしたい時は、きのこ、海藻、芋以外の野菜を中心とした食卓を心がけることでしょう。

1度の食事が400kcalになるように摂取することで、低カロリーダイエットをすることができます。

1日の摂取カロリーを1,200kcal以下に落とすようなことは、医学的には早急の治療が必要な肥満患者などに対してのみすることとされています。

カロリーを減らすダイエットは、体だけでなく精神面にも良くない影響が出る危険性があります。

適切な方法でダイエットをすることで、心身共に健康なダイエットをしたいものです。

ダイエットについてよく調べ、カロリーダイエットでもうかつな方法は取らないようにしてください。

スポンサード リンク